税理士法人 SKパートナーズ

文字サイズ
縮小
標準
拡大

ご相談は無料です

税理士法人S・Kパートナーズ

〒933−0874
富山県高岡市京田80番地
TEL:0766−25−1515
FAX:0766−25−0528

(受付:平日 朝9時~18時)

東京支店

〒150-0032
東京都渋谷区鶯谷町18-1ミセキ92-1F
TEL:03-3476-6351
FAX:03-3476-6354

(受付:平日 朝9時~18時)

Q-TAX

中小企業支援革新機関

相続遺言相談室

どのような内容でも遠慮なくご質問ください。初回のご相談は無料で承っております。安心してご相談ください。

どのような内容でも遠慮なくご質問ください。初回のご相談は無料で承っております。安心してご相談ください。

・うちの家族相続税かかるの?
・田んぼや畑を持っているけど、どのくらいの価値があるの?
・両親と兄弟二人だと、相続税かからないと聞いたけど?

 

相続税は大変煩雑な業務です。

当事務所は創立以来、相続税の申告・節税対策・財産評価引き下げ対策・生前贈与対策など、相続税対策の専門家として過去300件以上の相続のお手伝いをしてまいりました。
この豊富な実績とつちかったノウハウをフルに活用し、
スタッフ一同『真心をこめて』、お客様の大切な財産を守り、未来へとつなぐお手伝いをさせていただきます。

 

相続税に関しては、ほかの税金よりなじみがなく、不安がつきまといます。

また、親族の人間関係が関わり合うデリケートな問題でもあります。
家族だけで話がしづらい時にはぜひお電話をください。どんな些細なことでもご相談に乗ります。
『相続』を『争続』にしないためにも、できることは事前に対策していきましょう。私どもの豊富な経験と知識で、
人生の総仕上げを円満にサポートいたします。

 

相続相談から相続税申告まで

1.初回相談(無料)   4.財産目録の作成、分割協議書の作成
2.見積書の提示とご契約   5.相続税申告
3.相続税申告までのスケジュール確認   6.相続登記

相続発生前

まず、現在の相続税額を知ることをお勧めします。
用意するものとして、
1.被相続人予定者、相続人予定者の人数、生年月日、住所がわかるもの。
2.被相続人予定者の保有財産がわかるもの、保有不動産、土地建物の所在地、面積のわかるもの、
預貯金、有価証券などの金額がわかるもの。
現在の相続税額の概算がわかります。また、2015年から相続税の増税が予定されており、負担増の大きいものは基礎控除が40%減額となります。

<p>まず、現在の相続税額を知ることをお勧めします。<br />
用意するものとして、<br />
<strong>1.被相続人予定者、相続人予定者の人数、生年月日、住所がわかるもの。</strong><br />
<strong> 2.被相続人予定者の保有財産がわかるもの、保有不動産、土地建物の所在地、面積のわかるもの、</strong><br />
<strong> 預貯金、有価証券などの金額がわかるもの。</strong><br />
現在の相続税額の概算がわかります。また、2015年から相続税の増税が予定されており、負担増の大きいものは基礎控除が40%減額となります。</p>

ご相談ポイント

現在の財産、相続税額を知ることにより対策を行います。2014年末までに何らかの対策を行うことができれば、税額の軽減に繋がるのです。対策は早ければ早いほど効果的な手法が取れます。ぜひ、早期のご相談を。

相続発生時

相続税の申告は、遺族の悲しみ、資料の収集の期間等を考慮して、10か月後の日が相続税の申告期限となります。期間は長いように思われますが、相続人が近くにいない場合、相続人全員が集まる機会は意外と少ないものです。準備できるものは、早め、早めに用意することをお勧めします。

1相続人の住所、生年月日、死亡日時のわかるもの、相続人全員の住所、生年月日がわかるものを準備します。

相続人の確定は時間がかかる場合もありますので、できるものから準備しましょう。
また、スケジュールや必要な書類、財産の証明書など、記載した一覧表をお渡しします。参考に準備するとスムーズに申告が行えます。

2資料を集め、財産それぞれに相続税評価額にて財産総額を計算します。

相続税の財産評価は複雑です。専門家である当事務所にお任せいただければ、正確で、適正な価格を算定します。

3相続財産の価格が確定したら法定相続(法律で決められた各相続人の相続割合)に基づき、相続税額を計算します。

相続人全員で協議し、相続財産の分割協議書を作成。分割の仕方によっては、相続税額に影響します。専門家のアドバイスを受けながら作成しましょう。今回の相続だけではなく、二次相続を考慮しながらのアドバイスができるのも専門家に依頼するときの強みです。

4相続税申告書を作成し、申告期限までに申告書を提出します。

相続人全員の相続財産分割協議書に基づいた、相続税申告書を作成。相続人全員の署名捺印を確認し、申告期限までに申告書を提出。各々の相続税額を納付します。申告書の提出・相続税の納付し、申告終了です。

ご相談ポイント

申告書の提出・相続税の納付し、申告終了となりますが、ここで安心はできません。相続税の申告は通常2年から3年後に税務調査が行われる確率が高い税目です。もちろんご契約いただいたお客様については、税務調査にも誠意をもって対応します。

相続発生後

相続税の申告、納付の手続きが終わったら、遺産分割協議書に基づいて分割の手続きを開始します。預貯金の名義変更、不動産の名義変更等、名前の変更が必要なものは変更手続きを行います。不動産等の名義変更のように、専門家を活用しなければならないものに関しては、当事務所の提携している専門家集団がすべてお手伝いします。

<p>相続税の申告、納付の手続きが終わったら、遺産分割協議書に基づいて分割の手続きを開始します。預貯金の名義変更、不動産の名義変更等、名前の変更が必要なものは変更手続きを行います。不動産等の名義変更のように、専門家を活用しなければならないものに関しては、当事務所の提携している専門家集団がすべてお手伝いします。</p>

ご相談ポイント

遠方の方の遺産の整理、不動産の活用、などの面倒の多いこともすべてお任せください。
また、二次相続に備えての対策のアドバイスも重要なことです。
両親のどちらかが亡くなった時に行うのが一次相続、残された親が亡くなった時に行うのが二次相続です。

まずはご相談を